先輩からのメッセージ

調剤薬局の一員となり、一緒に働きませんか。
こちらでは、現在働いている社員からのメッセージを送ります。

向井菜穂

「色んなことを一緒にお話ししませんか・・・」

薬局の朝

薬局の朝は、調剤機器の電源ONから始まります。調剤機器の正常運転確認、店舗の掃除、備蓄薬品の確認等、スタッフで手分けして行います。これで準備完了!

業務の開始

患者様がいらっしゃると「おはようございます」の挨拶で、今日の業務が始まります。薬局には、赤ちゃんを抱えたお母さん、お年寄や車椅子の方等、色んな方がいらっしゃいます。患者様や同伴のご家族に配慮しながら、先ずは事務員が丁重に対応させて頂きます。初めていらっしゃった患者様への「問診票」記載のお願い、「お薬手帳」をお持ちかどうかの確認等も、事務員の大切な仕事です。

調剤で大切なこと

処方箋の受付が完了すると、調剤業務です。処方内容を確認し、調剤機器を使い、薬剤師が調剤を行います。調剤業務は、効率良く迅速に行うことも大切ですが、何より大切なのは正確さです。お薬の飲み合わせ、処方内容の変更等、確認が必要な時は、処方元のお医者様に電話等で再確認します。

腕の見せ所

調剤が完了すると、投薬です。お薬の飲み方や量を、患者様に分かりやすく丁寧に説明することを心がけています。
お薬には、副作用や、食べ物や飲み物との関係で効果に変化が生じる等、色んな特性があります。今回処方された薬の説明だけではなく、日々の体調管理での悩みごとに、アドバイス差し上げるのも薬剤師の大切な業務です。患者様からお聞きした、体調に関する内容は、薬歴として大切に保管します。帰宅後の患者様からの電話問い合わせや、次回訪問時の調剤業務には、この薬歴が重要になってきます。

「おだいじに」そして「ありがとう」

投薬が終わり、患者様がお帰りになる時は、「おだいじに」とお声掛けします。患者様から「ありがとう」と言って頂くと本当に嬉しく、「薬局で働いて本当に良かった」と感じます。私たちの薬局は、スタッフが声を掛け合い、明るく活気のある職場です。

皆さん、是非一度、私たちの薬局へいらっしゃって下さい。体調のことだけではなく、仕事のことや、日々の生活のこと等、色んなことを一緒にお話ししませんか・・・

2017年12月05日掲載

三島恭子

さくら堂薬局は、本社の移転と共に2014年11月1日に再オープンしました。
主に整形外科、耳鼻科の処方箋を受けています。
私が入社してから、あじさい薬局、たるみざか薬局、セブン薬局が新規オープンしました。
残念ながら、今までオープニングスタッフには縁がなく、いつか、新店舗の立ち上げに携わってみたいと憧れを持っていました。
その憧れを社長に口にしたのが、8ヶ月ほど前・・・自宅の近くに新規オープンする薬局があり、『思い切って面接受けてみたいんですけど…』
すると、社長、『うちの会社でやればいいやん』
その言葉が、現実となり、今があります。
新規オープンなので、薬局に来てくださる患者さまはもちろん全て初めての患者さま。ありがたい事に皆さん、『わぁ~明るいきれいな薬局やね~』と言いながら、笑顔で入ってきて下さいます。
1年後も、2年後も、建物は古くなっても、来て下さる患者さまにとって明るく、気持ちのいい薬局で有り続けたいと思っています。

桜の花びら舞ってる薬袋 見に来ませんか?

2015年01月13日掲載

丸小野 睦

アカザワ薬局は薬剤師2名、事務職員2名の薬局です。
小規模な薬局ですが、局内はもちろん社内各店舗との交流が活発で、
さまざまな情報の交換や、困ったこと等を気軽に相談できるので大変助かっています。
主に、眼科の処方箋を応需しているので、年配の方と接することが比較的多いように思います。患者様の気持ちに寄り添って、迅速な対応と丁寧にお話をするよう心がけています。
これからも患者様に信頼される薬局・薬剤師であれるように更に努力していきたいと思います。

2013年11月07日掲載

濱岡 照明

神戸マラソン

以前から一度フルマラソンを走ってみたいという想いはありましたが、中々きっかけや踏ん切りもつかず実現には至っていませんでした。
ただ今回は生まれ育った神戸で第一回大会が開催されると知り先輩からのお誘いもあって思い切って応募したところ、なんと当選してしまいました。
当初、長距離を走った経験もなく、腰や膝に持病を持っているせいか「大丈夫かいな」とか「無理しないように」といった周囲の心配の声もありましたが、一念発起してひっそりとトレーニングを開始しました。
途中色々紆余曲折ありましたが、あっという間に数ヶ月が経ち、無事に11月20日を迎えました。
スタート前は色々不安な気持ちがありましたが、いざ走り始めると沿道の方の声援が凄く、ボランティアの方々の励ましでパワーをいっぱいもらったお陰で、あっという間の4時間半、とても楽しく笑顔で走ることが出来ました。
道中、神戸の景色を楽しむ余裕も少しあり、子供の頃によく遊んだ場所を通過したり、営業マン時代にバイクで走り回った道路を自分の足で走ることも出来て、何とも言えない感慨深い気持ちになりました。
最後に沿道に応援に来てくれた方、事前に激励をくれた方、TVで応援してくれた方、本当に感謝です! ありがとうございました!
※メイ陸上部募集中 現在2名(笑)

2012年11月07日掲載

田村 寛史

2010年は、薬学部の6年生にともない長期実習が始まりました。
私が勤務するあじさい薬局でも実習生を2ヶ月余りの期間受け入れるのは初めてのことで薬剤師、事務職員ともに実習生と学んでいく日々でした。
あじさい薬局は、在宅はもちろんのこと老健、特養、グループホーム等の施設の仕事もしており、他の薬局でもあまり経験できない実習ができる薬局です。
また、薬剤師、事務職員ともにスタッフのチームワークが良いのも特徴です。
その、チームワークの良さが患者様へのサービスや丁寧な接遇へと繋がっており、これからもより一層、薬局として質の高い患者様サービスを目指していきたいと思っております。

2010年11月07日掲載

長島 大輔

たるみざか薬局は、主に精神科の処方箋を応需している薬局です。
患者様のためにスタッフ一人ひとりが何をするべきか常に考えて行動する必要があり、非常にやりがいを感じる現場です。
特にジェネリック医薬品の使用促進に力を入れています。その成果もあり、ジェネリック医薬品の使用割合が数量ベースで50%に到達するまでになりました。
何事も「できない」と決めつけるのではなく、「どうすればできる」の視点から業務に取り組むようにしています。今後も、少しでも患者様の不安を取り除くことができるように、スタッフ全員で努力していきたいです。

2009年11月07日掲載